本文へスキップ

価値ある生活への創造・・・副業ビジネスも両手を広げた双発飛行

記事の情報収集

TOP副業ネットビジネス>経営学を個人へ応用

1987年トランザクティブメモリーは、ウェグナーが提唱した組織学習の概念ですが、後に2003年オースティンより更に進化した。組織のメンバーがそれぞれに専門性を高め事で、トランザクティブメモリーが効果的に働く事を唱えた。

トランザクティブメモリーとは、組織の記憶力に重要なことは、組織全体が何を覚えているかではなく、組織のメンバーの「誰が何を知っているか」を知っておくことで組織の記憶力を飛躍的伸ばす事が出来き、欲しい情報を素早く手に入れる事が出来るのです。

組織を持たない個人ではネット検索を利用しましょう。しかしキーワードの選択によってはなかなか情報が集める事が出来ず時間を無駄に過ごす事が 良く有ります。 そのものズバリのキーワードで検索すると、検索数は膨大な数となります。

そこからどうやって絞り込んで行くかが問題です。

的を射たキーワードの選び方
そのものズバリのキーワードで検索すると、検索数は膨大な数となります。そこからどうやって絞り込むかが問題です。

そこで我流ですが、ズバリのキーワード+関連性、方向性を持った語彙(素材、形態、場所等々)で1度検索して、2ページぐらいは見ます(3,4ページあたりになると的から外れてきます)。更に強い方向性を持ったワードを見つけ検索していくと欲しい情報に行き着く可能性が高い。

作業中めぼしい情報はブックマークし後で見直ししたときにメモまたは、ワード系ソフトに常用部分をコピペして整理しておくと良いでしょう。

私の方がもっと良い方法が有れば教えて下さい    >>   これを何度も行い経験すると、キーワードの選択が早くなりより高い確率で情報を得ることが出来ます。

キーワードの選択は、
自分のサイトにキーワードを設定するときにも大変役に立ちます。キーワードの選択の善し悪しで1ページ目に検索されることは大変重要です。



バナースペース

Sponsored Lin