本文へスキップ

辛い人間関係 もがき苦しんでいる人々に マインドスキル 価値ある生活への創造 サイドビジネスも両手を広げた双発飛行

日本人と英語

TOPマインドスキル>日本人と英語

グローバル化(国際化)が進んだ日本の社会は、英語を自由に話せなければいけないなどと言われ、小さな時から英語教室に通わせたり、授業が英語であったり、よれはそれで宜しいのですが、日本語でも難しく理解しにくい高度な内容での講義は如何なものでしょう。


明治から始まった日本の近代化は、先人の知識人によって、あらゆる文献が翻訳されて存在し、脈々と現在まで引き継がれ、学ぶものたちにとって、外国語を学ばなくても高度な勉強が出来る環境が整っているにもかかわらず、この様な授業を行うようです。どうせなら、講義を行う先生方、両方(日本語と英語)で講義は難しいですか。


職場においても、カタカナ語が氾濫しています。アジェンダ、コンセンサス、フィックス、エビデンス、コミットメント、スペック(課題、合意、決定、証拠、約束、性能)  使っている本人は理解しているのかどうか解りませんが、言われた側は、
なぜか腹が立ちます。また本来の意味から少し外れた使われ方多々有る様です。


そこで、小心者の私は心の中で、「
日本語で説明して下さい」とつぶやいています。日本語で理解しづらいことを、カタカナ語を交ぜられ尚更解らない。しかし、解ったような顔をしてしまうことがもっと恐ろしいかもしれない。


バナースペース

Sponsored Link